肥満治療に食事制限ってある?

肥満治療中に気を付けたい食事の取り方

病院で肥満治療に励んでいる人は少なくありませんが、年齢や体型、運動量などによって、担当の医師から食事制限を指示されることがあります。特に、生活習慣病のリスクが高いケースにおいては、医師だけでなく管理栄養士などの助言をもらいながら、毎日の食事の内容を見直したり、栄養バランスの良い献立を心がけたりすることが大事です。また、肥満治療を成功させるために、生活の中で不足しやすい栄養素の種類や摂取量などを正しく把握することがポイントです。なお、食事制限を行う場合には、失敗を防ぐために事前にバウンドのリスクについて担当医と話し合いをすることや、身体活動の維持のために最低限必要なカロリーを摂取することが肝心です。

肥満治療中に心がけたい食生活のポイント

ダイエットや生活習慣病の予防などのために肥満治療を始める人は年々増えていますが、健康的な体型を取り戻すために、日々の食生活における大事なポイントを抑えておく必要があります。例えば、ビタミンやミネラルなどの野菜や果物に多く含まれる栄養素は、現代人が不足しやすいものとして知られており、時には補助的な手段としてサプリやドリンクなどを上手く利用することも良いでしょう。また、炭水化物や脂質の多い食生活を長く続けることで、痩せにくい体質になることもあります。そこで、栄養バランスにこだわって肥満治療を行うために、定期的に健康診断を受けたり、各方面の専門家によるカロリー計算をしてもらったりすることがおすすめです。